名古屋9Rは「断然人気のラヴィから人気薄の差し馬へ」と思っていたが・・・よりによって最低人気のキョウワルナかい!

名古屋9R Bー5組 1600m 10頭立て

今日は園田も名古屋も特にカモっぽい馬が見当たらず、なかなか勝負出来なかったのだが、このレースの人気のラヴィは軸として信用できそうだったし、他の有力馬のメガミチャンやキタノアドラーブルが頼りない先行馬だった為、「これ、ラヴィから人気薄の差し馬を買えば儲かりそうだな」とこのレースで勝負する事にした。

このレースの単勝オッズは

こんな感じだったので、ラヴィからメガミチャンとキタノアドラーブルを外せば、まぁ何が来ても儲かるだろうという具合だった。

単勝1.2倍のラヴィは逃げ馬で1600mの時計が他の出走馬よりも1秒ほど抜けている為、1枠からハナを奪ったら、ほぼ、そのまま逃げ切るであろう。

そして2、3番人気のメガミチャンとキタノアドラーブルは先行馬なので、3コーナーまでは、ラヴィについて行くだろうが、その後、突き放される公算が高く、そこに差してこれそうな馬はというと・・・

5走前に1600m戦を差し切って勝利していて、鞍上岡部も心強い4番人気のレモンホープと、その時にレモンホープよりも後ろから伸びて来て0.2秒差の2着に突っ込んで来たコスモライフワークの2頭が候補に上がる。2頭とも1600mでは1分46秒台でコンスタントに走れており、ラヴィはともかく、メガミチャンとキタノアドラーブくらいなら十分差し切れる能力の持ち主だ。展開面からも「ラヴィからこの2頭で良いだろ?」となり、配当も馬連で安目のレモンホープでも8.8倍、コスモライフワークなら103.8倍の万馬券だ!

「よし!これなら馬連2点で勝負だ!!」と馬券を購入したのだ。

だが・・・スタートからラヴィがハナに立ち3〜4番手にメガミチャンとキタノアドラーブル、その直後に岡部騎乗のレモンホープと想定どおりの並びになったのに・・・3〜4コーナーで予想通りメガミチャンとキタノアドラーブルが垂れたのに・・・

ラヴィに迫っていたのは、レモンホープでもコスモライフワークでもなく、完全にノーマークだったディーエスアレーナというふざけた展開に!しかもディーエスアレーナはラヴィすらも捉えそうな脚色だった!

「おいおい!ラヴィが交わされたらどうしようもないんですけど・・・」

だが、さすがに単勝1.2倍!直線に入ったらラヴィは内からディーエスアレーナを差し返しもう一度先頭に立った!!

「よーし!とりあえず、まだ可能性はある!」後ろからはレモンホープがジリジリ差を詰めて来ているので「ディーエスアレーナを交わせるかも知れない」と一瞬、思ったが・・・

なんと伸びて来たのは、最低人気のキョウワルナだったのだ!!!

しかもキョウワルナはゴール前でラヴィまで交わし1着でゴールしやがった。

「・・・キョウワルナは買えねーな・・・」確かにキョウワルナは人気薄の差し馬ではあるが、ここ3走1600mで11着、9着、8着とボロ負けを繰り返し、後方から一脚も使えずに大敗していた馬だった。

ちなみにこのレースの配当は

単勝290倍、断然人気のラヴィとの馬連でも130倍、3連単に至っては、120万オーバーと名古屋競馬には似つかわしくない配当となりました・・・

「ラヴィから人気薄の差し馬」はあっていたんですけどね・・・まさかキョウワルナとは・・・

ムカついたので、船橋ナイターの6Rで単勝15.2倍を2点買いで仕留め、なんとか日当は確保しましたが・・・

名古屋9Rの馬連は取りたかったですね〜・・・キョウワルナ鞍上の友森騎手は3Rでも5頭立て5番人気のゴールドパートナーで勝っており(単勝44.7倍←5頭立てですよ!)最低人気で2勝と大暴れでした。「そういや〜3Rも後方から追い込んでき差し切ってたな・・・」

元々、穴ジョッキーですが、今日は正直、馬が弱すぎると思い友森騎手をノーマークにしてしまいたね・・・