想定よりもオッズがつかなかったが・・・点数を絞り回収率倍増!

今日の1発目の勝負は園田4R。このレースは単勝1.1倍の1番人気ヴェロレジーナがおそらく勝つだろうが・・・相手の1番手になりそうなダブルディライトが最内枠を引いたので、こいつを蹴飛ばし、ヴェロレジーナから他の馬に流そうと思っていた。

他の馬と言っても、残りの馬で勝負になりそうなのは大外枠のフォーユアラヴとC2−2組で先行出来てるコスモデルフィヌスくらいしか見当たらないので「2点で済むなら馬連買うか?」と思っていたのだが・・・

なんとフォーユアラヴがダブルディライトより人気になってしまっていたのだ。

「あちゃー・・・どうするかな・・・」どちらかというとコスモデルフィヌスよりも大外から先行できるフォーユアラヴが相手の本線だっただけに、これには正直ガッカリした。

このレースは断然人気のヴェロレジーナが差し馬の為、相手は、良馬場の1400mを1分34秒台前半でまとめられるフォーユアラヴ、ダブルディライト、コスモデルフィヌスの3頭のどれかで良いのだが、その3頭が2〜4番人気になってしまっては配当妙味が無い。

想定では、ダブルディライトが人気を集めて、これさえ切れば、残り2頭とも購入しても儲かる算段だったのだが、あてが外れてしまった・・・

だが、単勝は2番人気に推されてしまったフォーユアラヴだが、馬連はダブルディライトの方が売れていたので、一応、2点買いでも儲かるのだが・・・

「3.6倍かぁ・・・」とちょっと物足りなかった。

想定よりもフォーユアラヴが人気を集めてしまったので、2点買いで④ー⑩で決まっても大して儲からない。それに先行3頭の中では、内から前に行くのに余計な脚を使わされる可能性が高いダブルディライトや追ってからの伸びに若干、不安のあるコスモデルフィヌスよりも外からスムーズに先行できそうなフォーユアラヴが本線なわけで、その本線で的中した場合に配当360円では面白くもクソもない!!そこで「ならコスモは切るか!」とヴェロレジーナとフォーユアラヴの馬連1点で勝負する事にしたのだ。

レースがスタートすると逃げたのは最内のダブルディライトで2番手に外からフォーユアラヴ、3番手にコスモデルフィヌスが取りつき、4番手に1番人気のヴェロレジーナが早くも上がって来ていた。「まぁ、まともなのは、この4頭くらいだから、展開もこうなるだろう・・・あとはヴェロレジーナが前を捉えて何が2着に残るかだな・・・」

1〜2コーナーから向正面までは淡々と流れていたが、3コーナー手前でヴェロレジーナが一気に動いた!あっという間に逃げていたダブルディライトに馬体を併せ先頭を伺うが、ここで前に出られたら、ダブルディライトは終わりなので、当然抵抗する!2頭が3番手のフォーユアラヴをスゥーと引き離し追い比べに状態に!

「よし!OK!これでもらった!」

一見、フォーユアラヴが2頭に離されたので、焦るシーンなのだが・・・3コーナーからヴェロレジーナと同じ脚を使ってはダブルディライトがゴール前で垂れるのは明白!ワンテンポ仕掛けを遅らせたフォーユアラヴがゴール前でダブルディライトを交わし2着に上がるパターンの完成だ!

案の定・・・

ゴール前でキッチリとフォーユアラヴが2着に上がり見事、馬連的中となった!!!

「1点に絞って正解だったな!」直線ではもっとヴェロレジーナが突き放すと思っていたので、なかなかダブルディライトを振り切れなかった時は一瞬ヒヤリとしたが、まぁ届いたので良しとします。

ちなみにコスモデルフィヌスは4コーナーまで4番手にいましたが、最後にオーリャセブンに交わされて5着入線となってました。

2点→1点に絞った事により回収率が倍増したので、結果的にはフォーユアラヴが人気になっていてくれて良かったのかもしれません。馬連のオッズが5.0倍前後ついていたらコスモとの2点買いをしたでしょうからね・・・

今日はこの後、名古屋6Rでスーサンフェアリーという中央から転厩初戦の前走で勝つには勝ったが、時計が遅かった事に加え、前にも行けないし、420kg台の小柄な牝馬のでは、2戦目の上積も期待できない馬が単勝1倍台に推されていたので、こいつをぶった切り、持ち時計も速く、絶好の大外枠を引いたスイートシャインで勝負する予定だったのですが、肝心のスイートシャインが馬体重ー7kgでパドックでも発汗し入れ込んでいたのでこのレースを見送ったので、結局、園田4Rのみの購入だったので、当てといて良かったです。

(ちなみに名古屋6Rの結果はスーサンフェアリーはきっちり3着に負けてくれましたが、スイートシャインも先行して3コーナーで早々に失速しブービー負けでした・・・)