2018年桜花賞(G1)前日予想 クラシック1発目は福永騎手に託してみる

明日、行われます桜花賞(G1)ですが、ここまで無敗の4連勝で土つかずのラッキーライラックが前売り段階で単勝1.9倍の1番人気に推されていますね〜・・・

まぁ実際負けてない訳ですし、阪神JFもチューリップ賞も完勝している訳ですから、同世代の牝馬相手で阪神マイルならこの人気も仕方ないと思います。今回、確固たる逃げ馬不在でスローペース濃厚なので、内で包まれた時に取りこぼす可能性は0ではないですが・・・同じようにスローだったチューリップ賞では3番手につけてマウレアとリリーノーブルにがっつりマークされながら馬体を併せる事すらさせなかった訳ですから極端に位置取りが後ろにならない限り最内枠も別にマイナスにならなさそうですしね・・・

ただ、阪神JF→チューリップ賞→桜花賞の3連勝というのは、この時期の牝馬にとってかなり難しく、去年、同じような戦績だったソウルスターリングも3着にコケましたからね・・・まぁ関東馬だったソウルスターリングよりは輸送の心配が無い分ラッキーライラックの方が体調管理はしやすいでしょうが・・・「そんなに上手くいくか?」という気持ちも正直あります。

しかし、ラッキーライラックを負かせそうな相手も見当たらないんですよね・・・阪神JF→チューリップ賞と2、3着だったマウレアとリリーノーブルはチューリップ賞を見る限り逆転は厳しそうだし、牡馬相手のシンザン記念を豪快に差し切って、現在2番人気に推されているアーモンドアイも、シンザン記念の2着馬はクイーンCで12着にボロ負けしたツヅミモンですからね・・・レースレベルに疑問符がつくので、人気ほどの能力は疑ってしまいますし、フィリーズレビューの上位組のリバティハイツやアンコールプリュ、デルニエオールに関しては、完全にズブズブの差し馬決着になったからこれた感が強く、今回は前哨戦と真逆の展開になりそうなので、やはり買いづらい・・・

という感じで「ラッキーライラックで仕方ないのか?」という結論になってしまいそうだったんですが・・・今回は、まだ勝負付けが済んでいないフィニフティでいこうかと思ってます。

この馬、京都で新馬戦を勝った後に、クイーンCに出走して、逃げ切ったテトラドラクマから0.1秒差の2着に好走しているのですが、この時に5着だったマウレアを直線でアッサリ突き放していたので、ここでも十分勝負になると思いますし、クイーンCは前半3ハロン34.6秒と淀みのないペースで流れて上がりのかかるタフな競馬だったので「この経験は必ずG1で活きるはずだ!」と思ってます。

まだ速い上がりを使った事のない馬ですが、ディープインパクト産駒なので切れ負けするとは考えづらいですし、「スローのヨーイドン」はむしろ合うんじゃないかとも思ってます。鞍上の福永騎手も”牝馬クラシック”なら信用出来ますし、欲を言えば内枠が欲しかったところですが、控えても大丈夫な馬なので外枠もそこまで気になりません。

現在6番人気で単勝22.6倍で複勝でも下限値2.9倍ありますので、単複で狙う事も可能なので今年の桜花賞はフィニフティ本命です!

スローペース濃厚なので、本当は逃げ馬を買いたかったんですけど・・・レッドレグナントはさすがにデムーロでも無理っぽいですし、ハーレムラインやコーディエライトもテンのスピードはそれほどないですし、仮に逃げても厳しいですからね・・・

今年のクラシック1発目は福永騎手に託してみます!

コメント

  1. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    桜花賞は枠順決まるまでは、ラッキーライラックやむなしと思っていたんですが、最内枠という桜花賞では鬼門の枠に入ったので、若干いやな感じになりました・・

    ただ、2~7番までの馬が差し馬なので、ある程度石橋脩が位置を取りに行けば、そんなに悪い位置取りにはならないでしょうし、そうなるとこの枠順はむしろ最短距離を通れるという意味で好材料なのかもしれません。

    展開予想としては、コーディエライトがまともにゲートを出れば先手を取ると思われますが、前走同様出遅れた場合は、レッドレグナントの逃げ、いずれにしてもどちらかになると思われます。
    ただ、どちらもハナにこだわる馬でも無いので、前半は淡々と流れますが、先行タイプの馬はそこそこいるので勝負所の出入りがかなり激しくなる可能性はあります。
    恐らく遅めの平均ペースぐらいだと思いますが、有力どころの仕掛けのタイミング次第で前残り、差し決着どちらでもあり得える感じでしょうね。

    しかしある程度の位置を取れるラッキーライラックは、どちらのケースでも対応できる自在性があるので本命はこの馬にせざるを得ないですね。

    ただ、相手は難しいです・・正直ド本命で決まる可能性もあるかなとさえ思います。
    アーモンドアイのシンザン記念の相手は弱面でしたが、この馬は差せるはずの無い流れで差しきっており、ルメールへの乗り代わりも驚異なので侮れません。ラッキーライラックを逆転するとしたらこの馬しかないかなと思っています。

    あとは、そこそこ先行出来るチューリップ賞の上位2頭とラッキーライラックと未対戦で決め手のあるプリモシーンも捨てがたいです。
    後、穴馬としては、内枠の差し馬、アンコールプリュとトーセンブレスが面白いかもしれません。トーセンブレスは過去2走は展開不向きでの追い込みでしたから、流れさえ向けば枠もいいですし、一発はあるかもしれません。

    逆に今回見解が単複さんと分かれるところなのですが、フィニフティは私は今回は軽視しようと思っています。前走はテトラドラクマ以外の先行馬は潰れたレースで、展開が嵌まった感が強く、枠も外枠で今まで内目の枠で好走していたこの馬には非常に難しい枠になったと思いますし、速い上がりを使ったことも無いので、瞬発力勝負になった時にこの相手で勝負になるかも疑問です。

    予想と買い目は下段に書いておきますが、今回は非常につまらない予想になったなという気がします。自信も全然ありませんし、厳しいですね・・

  2. ボムジュン より:

    桜花賞予想・買い目

    ◎ラッキーライラック
    ○アーモンドアイ
    △リリーノーブル
    ×トーセンブレス
    ×マウレア
    ×プリモシーン
    ×アンコールプリュ

    買い目、ラッキーライラック3連単1着固定流し 相手○△×××× 30点
        アーモンドアイ1着、ラッキーライラック2着の3連単2頭軸流し 
        相手△×××× 5点   計35点

    アーモンドアイとリリーノーブルの2着がらみは金額上乗せして購入します。

    本命サイドの狙いですが、それでも自信は全然ありませんね・・    

    • 単複 より:

      お疲れ様です。
      「自信がない」とありましたが、アーモンドアイ頭の3連単的中おめでとうございます!!
      結果的にはガチガチ決着になってしまいましたが、
      「希望的憶測」で穴馬に手をだした私よりは遥かにマシだったと思います(笑)

  3. いし より:

    お疲れ様です!悩んだ結果ラッキーからハーレムとレッドレグナント、プリモとフィニフティのワイド勝負にしました。

    • 単複 より:

      いしさん お疲れ様です!
      ラッキーライラックから先行馬と差し馬へワイドを流したんですね。
      ただ、相手は2頭ともガチガチでしたね・・・私もフィニフティが直線、さっぱり伸びなかったので、撃沈です。