2018年大阪杯(G1)回顧 M.デムーロが後方のまま大人しくしていてくれれば・・・

昨日、阪神競馬場で行われました大阪杯(G1)ですが、締切直前にアルアインを抜いて1番人気に推されたスワーヴリチャードが出遅れながら向正面で一気に2番手まで躍り出て直線もそのまま押し切ると言う、M.デムーロの反則級の”神騎乗”によって勝利しました。

正直、こんな騎乗で勝たれたら、他陣営はお手上げでしょうね。「右回り」とか「2000mは距離不足」とか「展開」とか一切関係ないですからね・・・

1000m通過が1分01秒1と、予想通りのスローペースで流れましたが、スタートが悪かったスワーヴリチャードにとっては向正面で後方2番手と最悪な展開になったので、「飛んだな!」と思ったのですが・・・向正面に入るやいないや一気に脚を使い、逃げるヤマカツライデンの直後まで押し上げて、最後までバテずに先頭でゴールした訳ですからね・・・

勝ったから良いものの、日経賞のキセキでルメールが同じような競馬でボロ負けしたばかりだというのに、G1でこれをやるデムーロの勇気は「さすが」だと思いました。

まぁスワーヴリチャードは長く良い脚を使えるタイプですし、3〜4コーナーから捲ったら、外々を回されて相当な距離ロスがあったわけですから、1〜2コーナーを我慢し向正面のバックストレートで動き出し、距離ロスを最小限に抑えた乗り方でしたから利には適った騎乗だったんですけどね・・・

あのまま後方で構えていたら、有馬記念の”二の舞”でしたでしょうから、今回は完璧に”騎手の差”での勝利という格好だったと思います。(予想ではスワーヴリチャードは有馬記念のように後方で脚を余すと踏んでいたんで、完全にデムーロにやられました)

2着には6番人気のペルシアンナイトが入りました。

道中は枠順を活かし後方で折り合い、3〜4コーナーもそのまま内で我慢して、直線で上手く外に出せたのですが、スワーヴリチャードには3/4馬身及びませんでした。

こちらは勝ったスワーヴリチャード&デムーロとは対照的に、福永騎手らしい「優等生」な競馬だったと思いますが・・・やっぱり勝ち切れませんでしたね・・・直線でもロスなく進路を確保出来ての結果ですから、仕方ないでしょう。上がり3ハロン33秒7と最速タイの脚を使えていますし、展開不利だった中山記念から変わり身を見せてくれたので、今後もマイル〜2000mくらいの距離なら侮れない1頭だと思いますが今回は「相手が悪かった」ですね。

3着は2番人気のアルアインでしたが、この馬も能力は出し切ってくれたと思います。

スタートから好位のインを確保してましたし、直線も最内を突いて伸びてきていましので、こちらも「能力は出し切ってくれた」と思います。ただ、早めに脚を使ったスワーヴリチャードに、スムーズな競馬をしていたアルアインが直線で差を詰められなかったと言うことは、完全に「力負け」だと思いますので、この馬が今後古馬G1を勝つには、展開か相手関係に恵まれないと厳しそうですね・・・得意の2000mで同世代のスワーヴリチャードに完敗だったのは残念です。

馬券的にはアルアインの単勝が3.6倍まで下がったので、全室予想通り4歳馬相手に馬連で勝負したのですが・・・

M.デムーロにぶっこ抜かれ、馬連2着ー3着で不的中となってしまいました。

スタートでスワーヴリチャードが遅れた時は「よっしゃー!取った!」と思ったんですけどね・・・

スワーヴリチャードが後方のまま待機してくれてば、アルアインがゴール前でペルシアンナイトに差されて「馬連で正解」となる予定だったんですけどね・・・まぁ向正面でスワーヴリチャードが上がって行った時について行ってたら、おそらくアルアインは潰れていて着外に沈んだ可能性の方が高く感じるので、今回は馬券が外れても悔いはないので良んですけどね・・・

関連記事=大阪杯(C1)前日予想

コメント

  1. いし より:

    単複さんお疲れ様です!初志貫徹の結果、単勝(1点)・三連単(24点)・三連複(1点)とれました!額はショボいですが3月の負け分を取り返せました!特に三連複1点(自分の本命+単複さんの本命+単複さん推奨の中山記念負けで人気急落のペルシアンナイト)でとれたのがデカかったです!

    • 単複 より:

      いしさん お疲れ様です!
      初志貫徹での的中おめでとうございます!
      スワーヴ信用して良かったですね!
      疑った私は、馬連2着、3着の不的中でした・・・

      それにしても、3連複1点はお見事ですね!
      27.8倍もつきましたしね!

  2. ボムジュン より:

    お疲れ様です。

    いしさん、凄いですね!おめでとうございます!特に3連複1点的中は見事だと思います。

    スワーヴリチャードは普通に強かったです。デムーロも上手く乗りました。

    私は、前残り決着で予想していたので、かすりもしない大敗でした・・
    前半はスローで流れたのですが、スワーヴリチャードが一気に捲っていったため、3~4コーナーにかけて息の入らない流れになる消耗戦になり、先行していたアルアインやダンビュライトには非常に厳しい展開になってしまいました。
    そんな流れで3着に残ったアルアインはやはり強いとは思いましたが、スワーヴリチャードには力の違いを思い知らされた結果になりましたね。

    逆にペルシアンナイトは、消耗戦になった事で流れが向いたことと、福永が珍しくコースロス無く詰まること無く上がっていったので、2着に食い込むことが出来たのだと思います。
    やはりこの馬は展開が嵌まると強いです。

    私が本命に推したトリオンフは前半後方からの競馬になってしまい、しかも先にスワーヴリチャードに捲られたので、かなり外をまわして先頭にとりついたので、直線で失速してしまいました。ダンビュライトの後ろぐらいで想定していたので、本来の競馬が出来なかったのが悔やまれるところです。

    しかし、サトノダイヤモンドがここまで弱くなっていたのは少し悲しかったですね・

    3~4コーナーでアルアインの後ろについて行けばいいのについて行かず、直線では外をまわして行き場がなくなるという、戸崎の糞騎乗もありましたが、上手く乗っても勝てるような感じではなかったですね。完全に力が衰えているような気がします。

    昨日も今日も、私は重賞レースはかすりもしないひどい予想でした。
    次週の桜花賞で今度こそ連敗を止めて見せます。

    • 単複 より:

      お疲れ様です。

      サトノダイヤモンドは今後も4歳勢相手には厳しそうですね・・・
      スワーヴリチャードが阪神2000mでああゆう競馬が出来るとは思わなかったので
      今回は完敗でした。

      桜花賞は堅そうですね・・・