有馬記念 回顧 キタサンブラックお疲れ様でした!サクラ&蛯名騎手は可哀想すぎる!

本日、行われました有馬記念ですが、キタサンブラックが単勝1.9倍の1番人気に応え、逃げ切りました!

1枠2番から好スタートを切り、ハナを奪うと、1000m通過61秒3のスローペースの上に道中誰も競りかけず悠々と一人旅・・・3〜4コーナーでも馬体を合わされる事がなく、「勝って下さい」と言わんばかりの展開になってしまいましたね・・・個人的にはサトノ2頭あたりがもう少し絡んで行くと思ったのですが4コーナーになっても誰にも被されないキタサンブラックを見て、「やられた!」と思いました。

完璧に自分の競馬が出来たキタサンブラックに対して、2〜3番人気に推されていた、シュヴァルグランとスワーヴリチャードですが、やはり2頭とも中山では前に行けず後方からの競馬になってしまいましたね・・・器用さのない馬はどうしてもこうなってしまいますからね。それでも4コーナーの位置取り+ペース考えると2頭とも大外から良く伸びて来てシュヴァルグランが0.2秒差の3着、スワーヴリチャードも同タイム4着と及第点の走りは見せてくれました。

3着、4着とは対照的に枠順を活かして終始、内を通ったクイーンズリングは完全にルメールの〝腕〝でしょうね!直線入口では、シュヴァル&スワーヴとほぼ同位置でしたが、それまでの距離ロスが2頭とは大違いでしたからね・・・それが最後の脚につながったと思います。しかし、いくら内を回したからと言ってもクイーンズリングを有馬記念で馬券圏内に持って来るとは・・・ルメール恐るべしですね!(私が馬券を買った時もこういう競馬をしてくれると有難いのですが・・・)

そして私が単複を購入したサクラアンプルールですが・・・道中、好位の直後につけて、3〜4コーナーでもシュヴァル&スワーヴの一歩前にいたので、直線入口では「おっ!いけるか?」と思ったのですが、直線で外からシュヴァルグランに馬体を合わされると、内に押し込まれてしまい進路が無くなり馬が飛び上がってしまいました・・・

その後は蛯名騎手も追わずに最下位入選という結果になってしまいました。まぁシュヴァルと馬体を併せたら押し込まれたと言う事は脚が無かったんでしょう・・・とレース後は「仕方ない」と思っていたのですが、最後の直線のパトロールフィルムを見てびっくり!!

直線入口では、真ん中の黄色帽子のサクラアンプルールの進路は十分確保されて、鞍上の蛯名騎手が「さぁ追い出すぞ!」というところだったのですが・・・

外のスワーヴリチャートが内にヨレた為、横にいたシュヴァルグランも内に移動。更に内からはクイーンズリングが外にヨレ、そのアオリで隣のトーセンビクトリーも内に。左右から寄られたサクラアンプルールは完全に「パッチン」状態。

結果・・・

サクラアンプルールの進路は完全に塞がれてしまいました・・・スワーヴリチャート騎乗のデムーロもクイーンズリング騎乗のルメールもムチを持ち替えて修正しようとはしていますが・・・その時にはすでにサクラアンプルールの進路は塞がれてしまいました。まぁ、どうせ現行ルールでは、降着にならないでしょうけど、審議ランプすら点かないのは、かなり疑問です。

サクラアンプルールは”一瞬の切れ”が武器なので、蛯名騎手も直線に向いてから追い出そうとしていたんですが、1番最悪のタイミングで左右から寄られてしまいました・・・外から来たシュヴァルグランとスワーヴリチャードは4コーナーから仕掛け通しでしたので、既にトップスピードでしたから抵抗できなかったでしょうね・・・人馬とも無事で何よりです・・・不利がなくてもキタサンブラックには勝てなかったでしょうが、2〜3着争いには加われていた可能性があったので、複勝馬券を持っている身としては本当に残念でした。

馬券的には嫌な形で不的中となってしまい、正直、後味は悪いですが、ここ2〜3年、競馬界を引っ張ってきたキタサンブラックが引退レースを勝ち、有終の美を飾ったのは良かったのではないでしょうか?中山競馬場も盛り上がってましたし、単勝1.9倍なら馬券を的中した人も多かったでしょうからね!

とりあえず、キタサンブラックは無事に走り終えて何よりです。お疲れ様でした!

コメント

  1. いし より:

    パトロールビデオ見たらデムーロとルメールのおかげでサクラアンプルール相当不利食らってますよね。あれが無ければ2着は全然あったと思います。

    • 単複 より:

      そうなんですよね・・・でも審議にもならないですし・・・まぁ仮に審議になっても現行ルールでは降着にもならないですし、落馬しなくて良かったという感じです。ちょっと後味、悪いですけどね・・・