逃げ馬は大敗後こそ狙え!!

今日の勝負は、園田の5R!!⑥フレンドリーナイトを狙っていたのだ!

この馬、中央から移籍初戦の前走、C2クラスの園田1400mを使ってきたのだが、10頭立ての9着に大敗していた。内容的には、ハナを切れたものの、3コーナーからズルズル後退して9着というもので、逃げ馬が負ける時の典型的なパターンだった。転厩初戦ということもあり、馬体重も+27kgと明らかに太く、これでは息が持つわけない・・・しかし、そんな状態でも逃げられたという事は評価できる!そして叩いた今回はー11kgと絞れてきた。

逃げ馬というのは負ける時は、ぼろ負けするもの!なので前走の着順や時計などは度外視してOK!1回使った今回は、馬体も絞れ、息持ちも違うはず!そして、前走でぼろ負けしているので、道中のマークも甘くなる上に、配当妙味もあるという絶好の狙い目というわけだ!

そして今日の出走メンバーで人気を集めているのは、⑥フレンドリーナイト同様に、中央から移籍後、2戦目の⑦トーシンキング(1番人気1.5倍)や③タガノフューチャー(2番人気4.3倍)といったあたりなのだが、この2頭の移籍初戦も大したパフォーマンスではなく、⑥フレンドリーナイトの息が保てば、十分逆転可能な能力差なのだ!それなのに・・・⑥フレンドリーナイトは前走ぼろ負けしている為、まったく人気がない!なんと単勝7番人気で63.8倍もつく!!これが大敗後の逃げ馬の旨味だ!

「これだけ配当がつくなら⑥フレンドリーナイトの逃げ切りに賭けようではないか!」となり、⑥フレンドリーナイトの単勝を購入した!!

レースがスタートすると、⑥フレンドリーナイトはあまり良いスタートではなかったが、二の脚を使い、楽にハナを奪った!やっぱり地方のこのクラスでは、テンのスピードが抜けているのだろう・・・そして2番手につけたのが、単勝200倍超えの最低人気⑧スプリングブレンド!「おお!1番弱い馬が番手につけてくれたか!」これで⑥フレンドリーナイトは道中のプレッシャーがだいぶ楽になった!更に良い事に、誰もこの2頭に競りかけてこない!当然レースはSペースで淡々と流れ1〜2コーナーを回って向正面に入っていった。

ここまでの展開は最高である!Sペースの単騎逃げ&弱い馬が番手を守ってくれている。だが勝負はここからだ!⑥フレンドリーナイトは前走、3コーナーで急激に止まっている・・・太め残り+休み明けで息が保たなかったと読んで、絞れた今回、馬券を買ったが、単純に能力不足という可能性も無くは無い!「さぁここから真価が問われるぞ!」

ここまでSペースで流れてきたレースだったが、さすがに3コーナー手前でピッチが上がる!1番最初に仕掛けたのが、3番手にいた2番人気の③タガノフューチャーだ!鞍上の下原が手綱をしごき追い出しを開始した!

ところが・・・③タガノフューチャーはまったく伸びない!追っても追っても前2頭との差が縮まらない・・・どころか開いていく!!「さようなら〜下原さん!」③タガノフューチャーはここで早くも脱落だ。

これで前2頭はグッと楽になったはず!「これは⑥フレンドリーナイト逃げ切れるんじゃねーか?」と思い、先頭に目をやると・・・

なんと出走馬の中で1番弱いと思っていた最低人気の⑧スプリングブレンドに交わされテイルではないか!!

「おいおいおい!!何やってんだ!」⑥フレンドリーナイトはそのまま前走同様、ズルズル後退・・・「ああ〜そう・・・普通に弱かったのね・・・」

レースの方は、その後、後続馬が一気に捲ってきて先頭に立っていた⑧スプリングブレンドも一瞬で飲み込まれ、結局、1番人気の⑦トーシンキングが勝ちました・・・

「くそ〜・・・完全に能力を見誤った・・・」

馬体が絞れ、園田2戦目の上積みも見込め、単騎で逃げられるという好条件が揃っていた⑥フレンドリーナイトでしたが、あの止まりっぷりを見ると、1400m戦ではどれだけクラスが下がろうと、今後は買えそうもありません・・・ただ、1230mに出走してきたら面白いかもしれませんね・・・テンのスピードはありますからね。

今回は、失敗しましたが、競馬は、こういう”変わり身”のありそうな馬を見つけないとなかなか儲ける事ができません!そして今日みたいに裏目を引くことも、もちろんあります・・・だが、「次に同じようなパターンで馬券が買えるか?」が重要なポイントです!「こないだ失敗したからなぁ・・・」と日和って馬券を購入せずに、自分のスタイルを崩すのが1番やってはいけない行動なのです。なので私は次にフレンドリーナイトみたいな馬を見つけたら迷わず購入します!!そうやって馬券生活を続けてきましたから!!