朝日杯FS 回顧 ダノンプレミアム圧勝もケイアイノーテックが差していれば・・・

本日、行われました朝日杯FSですが、1番人気のダノンプレミアムが3馬身1/2差の圧勝でした!いやー強かったですね!

すんなり好位につけ、直線は抜群の手応え。いざ追い出すと→そのままぶっちぎりという横綱相撲で見事G1馬となりました!2着は後方から追い込んだC.デムーロ騎乗の3番人気ステルヴィオで3着はルメール騎乗の2番人気タワーオブロンドンと馬券的には固い決着となりましたので的中した方は多かったのではないでしょうか?

一応、私も昨日書いた朝日杯FS 前日予想の通り、ケイアイノーテックの単複とダノンプレミアムからケイアイノーテックとステルヴィオの馬連を購入していた為、的中でプラス収支なのですが・・・ハナ4着のケイアイノーテックがとてつもなく悔やまれます!!

ゴールした瞬間は粘るタワーオブロンドンをケイアイノーテックが「捉えた」と思ったんですがね・・・複勝3.4倍〜あったんですけど・・・結果はハナ差4着となってしまいました。今年の秋のG1は本当にルメールにやられまくってます・・・買った時は着外に沈み、外すとハナ差で3着に粘りやがる・・・

収支的にはちょいプラで終わってしまいましたが、前日予想でピックアップした3頭が1、2、4着とすべて走ってくれたので、まぁ良しとします。

(ケイアイノーテックが差してれば完璧だったんですけどね・・・)

レース内容としては前半の3ハロンが35.2秒と平均ペースで進み、各馬、展開による有利不利はなかったと思います。こうなると能力通りに決まる訳で、勝ったダノンプレミアムは相当強かったと思います。なんせ、後方から最後、良い脚で追い込んできたと思っていたステルヴィオの上がり3ハロンが33.8秒に対して先行して4角4番手のダノンプレミアムの上がりが33.6秒ですからね・・・これではどうやっても追いつけません!スティルヴィオに関しては相手が悪かったとしか言いようがないでしょうね・・・

そしてギリギリ3着に粘ったタワーオブロンドンですが、やはり距離がちょっと長い印象を受けました。枠順を活かし終始内々を通って距離損無く回ってきたのですが、最後は末脚が鈍りましたからね。外を回したスティルヴィオとケイアイノーテックは最後まで伸びていましたから、タワーオブロンドンは1400mまでと考えた方が良さそうです。

4着のケイアイノーテックは直線入口の進路取りで若干、モタついた以外は良いレースだったと思いますが、勝ったダノンプレミアムとはちょっと能力差を感じる内容でした。今後、逆転するのは厳しそうですが、この手のタイプは、毎回、意外と人気にならないタイプですので、トライアルレースなんかでおいしい馬券を演出してくれそうです。

しかし、勝ったダノンプレミアムは強かったですね・・・新馬で1800mを楽勝しているように距離も保つと思いますし、脚質的に安定感がありますので、来年のクラシックが楽しみです!この馬と東スポ杯を勝ったワグネリアンとどちらが強いか?とか今から考えてしまいます・・・2頭とも、まずは無事にクラシックに出走してほしいものです。

そして、来週はいよいよ有馬記念です!!

3歳馬のレイデオロやキセキが回避して、少し寂しいメンバー構成ですが、キタサンブラックのラストランとなる為、盛り上がるでしょうね・・・

ただ、今のところ、キタサンブラックは外そうと思っております・・・

コメント

  1. いし より:

    お疲れ様です!ケイアイノーテックは惜しかったですね。馬連的中おめでとうございます。自分はプレミアム→スマッシュ→ロンドンの三連単一点買いで散りました(T_T)

    • 単複 より:

      いしさん
      お疲れ様です!
      3連単1点は格好良いですね!
      レース前から固そうな雰囲気でしたから、そういう買い方もアリですね!