展開予想が真逆になれば馬券は当たらない。

今日は笠松6Rで1番人気⑧と3番人気④のワイド1点で勝負したら2、3着で的中し、勝ったのが2番人気の③だったにも関わらず配当が210円つき、資金が倍になった。

朝から「勝負レースは笠松8Rだ!」と決めていたので6Rで浮いた分を全て8Rにつぎ込んだ!!

2017/9/15 笠松8R Cー2組・特選 1400m 9頭立て

「ここは⑥ステイバーニングの先行押し切りでOKだろう・・・」と朝一から思っていた。

①ワンダフルボーラーが1番人気になっているが・・・この馬は逃げられなければ、いらない!

そして、このレースには馬券には絶対絡まないだろうが、とりあえず逃げたい⑤スノセイがいる!

枠順の差で⑤が逃げ、①が内の2番手、そして⑥が外3番手という並びになれば、私の馬券は当たるだろう・・・

怖いのは①が好スタートから逃げた場合だ・・・この場合は最悪、①ワンダフルボーラーに勝たれるかもしれない・・・

①→⑤→⑥なんていう並びで1コーナーを迎えたら、馬券は、ほぼ外れるだろう・・・

しかし笠松の1枠から逃げるのは結構難しい・・・ちょっとでもスタートをミスればその時点で終わりだ。

①ワンダフルボーラーの単勝オッズは1.8倍。「この配当なら①がミスる方にかける価値はあるぞ!!」

⑥ステイバーニングの単勝は2.6倍と思ったよりも売れてしまった・・・

「うーん・・・単勝だけだと、ちょっと物足りないなあ・・・」

「①ワンダフルボーラーは逃げられなかった場合はおそらく着外に沈むはず・・・」

しかし仮に①が沈んで⑥が勝っても2着はおそらく佐藤騎手騎乗の⑦カガノカリスマが差してきそう・・・

ワイド⑥ー⑦は下限値で1.6倍しかつかないない・・・これでは買えない・・・

そこで穴っぽい④ダンシングハルクと⑧アサカバハムートをチョイスし⑥からこの2頭にワイドを流した。

もちろん⑥ステイバーニングの単勝も買っている!!

「①が逃げられなければ、ほぼ⑥が勝つだろう・・・そしてワイドの3席中2席は⑥⑦で埋まるが、もう1席は④か⑧のどちかだ!」

というわけで、あとはスタートで①ワンダフルボーラーが少しヘグってくれればOKという感じでいざレースへ!!

運命のスタートが切られると・・・

①ワンダフルボーラーが抜群の飛び出しから出ムチを入れて先頭へ・・・

「うそ!!まずいぞ・・・⑥押せ!1コーナーまでに被せろ!!」

そして1コーナー手前で・・・

隊列が決まり①→⑥→⑧というダメなパターンに・・・

「ああ〜・・・終わったな・・・」

出ムチこそ入れたがその後は折り合って、先頭を取り切った①ワンダフルボーラーを見て⑥ステイバーニングの単勝は諦めた・・・

「やばい・・・①が残るということはワイドもかなりの確率で①⑥⑦になってしまう・・・」

もはや、不安しか感じずレースを見守ると・・・

向正面から3コーナー、そして4コーナーに入っても⑥ステイバーニングは逃げる①ワンダフルボーラーに1度も馬体を合わせることが出来ず・・・直線へ!!

さらに最悪なことに前2頭が抜け出しところに上がってきたのが・・・やっぱり佐藤の⑦カガノカリスマ!

この後は・・・当然、①ワンダフルボーラーがこのまま押し切り、まずは単勝馬券が紙クズに!

⑥ステイバーニングは2着は死守するも・・・3着は⑦カガノカリスマがそのまま入線し、ワイド馬券も紙クズへ・・・

スタート時点で全てが決まってしまいました・・・

これで本日の収支はチャラになってしまったので園田2Rの②メイショウギリシャで日当分を稼ごうと単勝を購入するも・・・

今度は出遅れ→最後方・・・6着という結果に・・・

「なんなんだよ!今日は!!」

悪い方に予想した展開がズバズバ的中する流れに・・・ギブアップ!!

3戦1勝でマイナス収支だが、今日は撤退。「最後の園田は余計だったな」と反省し明日のJRAの予想に切り替えました。