札幌2歳ステークス回顧 1番人気ロックディスタウン快勝!!

2017/9/2

札幌11R 札幌2歳S(GⅢ) 芝1800m 14頭立て

1番人気のロックディスタウンが快勝しました!

オルフェーブル産駒が、初の重賞制覇でしたね・・・

レース内容としては、なんか1番強い馬が、普通に競馬してソツなく勝ったという印象でした・・・

まあ、小粒なメンバー構成とはいえ、1番人気で勝つというのは意外と難しいですから、ソツなく回って勝たせた鞍上のルメールは”さすが”です。

しかし、正直この馬”強い”とは感じませんでした・・・

負かした相手も新馬戦でコケたファストアプローチとクローバー賞を勝ったとはいえ道営馬のダブルシャープですからね・・・それも最後は差を詰められたましたから・・・

ロックディスタウンが今後、クラシックで活躍出来ると思える様な内容ではなかったです・・・

一昔前は、札幌2歳ステークスといえば、

アドマイヤムーンやジャングルポケット、テイエムオーシャンなどがその後に大活躍しレベルの高い2歳重賞だったのですが・・・

最近は、ここを勝った馬の活躍があまり見られません・・・

おそらく、ロックディスタウンも後者の方になる可能性が高いと思います・・・

2着のファストアプローチも”洋芝でこそ”という重い血統の馬・・・中央場所に戻ったら苦戦を強いられそうですし・・・

藤沢厩舎+山本オーナーのお決まりのパターンになる様な感じですね・・・

3着に入線した道営のダブルシャープは道中、最後方から最後1番良い脚で伸びてきていました。

個人的にはこれに勝って欲しかったのですが・・・惜しかったですね・・・

(馬券は買っておりませんが、このレースは道営馬を応援してました)

もちろん、ロックディスタウンもファストアプローチもまだ2歳ですから、今後の”成長力”次第ではクラシックに乗るかもしれませんが・・・

今日の段階では”厳しい”でしょう!

ただ、ロックディスタウンは新潟の新馬戦で上がり32.5秒を叩き出しているので、札幌よりは府中や京都の方が合うかも知れませんね・・・今日のパフォーマンスでは物足りないですが、もしかしたら洋芝が合わかった可能性もありますから・・・

いずれにしろ、この後の2歳〜3歳春までの重賞やクラシックのトライアル戦で札幌2歳S組が出走してきたら、私は”軽視”します。

重賞ウィナーということでロックディスタウンは人気にはなるでしょう・・・

(次走で他の有力馬とカチ合ったらルメールは捨てそうですが・・・そうなると人気にもならないかも・・・)