今の新潟の馬場ではハクサンルドルフは”カモ”でしょ!!

今開催の新潟の馬場状態がちょっと特殊でした・・・

例年、芝の外回りはSペースで縦長になろうが、直線で外から追い込み馬が豪快に差し切るのが新潟競馬場なのですが、

今開催は、いつもと違い、”追い込み届かず”が目立ちます!

逆に好位から33秒台の上がりを使える馬が、そのまま押し切るシーンを何度も見ていたので・・・

メインレースの1番人気、④ハクサンルドルフは”差し損ねる”と思い、別の馬の単勝で勝負しました!

2017/9/2

新潟11R 長岡ステークス 3歳以上1600万 芝1600m 15頭立て

このレースで好位から速い上がりが使えるのは、内から

②ペガサスボス 10番人気 44.0倍

③バンゴール 4番人気 10.5倍

⑫ストーミシー 3番人気 6.3倍

の3頭。

②ペガサスボスは1600万では、まだちょっと厳しい感じ・・・鞍上も二本柳の為、勝負気配ではない!

この馬はすぐに切れた!

③バンゴールと⑫ストーミシーは甲乙つけがたい・・・

どちらも現級で好勝負をしているし、④ハクサンルドルフよりも前で競馬できる・・・

だが、私はここで人気のない方の③バンゴールを指名した!!

この馬、今回が初のマイル戦だが、前々から中距離よりもマイルの方が合うと思っていたのだ!

キングカメハメハ×クロフネでマイルが苦手なわけがない!!

そして戦ってきた相手がここでは抜けている!

ミエノサクシードやマキシマムドパリという重賞でも勝ち負けしている馬相手に毎回小差の惜しい競馬をしているのだ!

鞍上が馬場状態を加味した競馬ができる田辺というのも心強い!

初のマイルだが、中団より前で競馬し、速い上がりで完封してくれそうな気がする!!

とうわけで③バンゴールの単勝を購入しいざレースへ!!

スタートが切られると③バンゴールは”ポン”っと好スタートを切り、そのまま3番手につける!

「おお!さすが田辺だ!完璧だ!」

一方、1番人気の④ハクサンルドルフは中団やや後ろの馬群の中・・・

④ハクサンルドルフとは5馬身程度の差といったところ・・・

もう1頭の候補馬であった⑫ストーミシーは後方3番手という位置取り・・・

「よかった〜③バンゴールにして・・・⑫ストーミシーは追い込んでも掲示板が関の山だな・・・」

レースはそのまま淡々と流れ3〜4コーナーを回り直線へ!!

③バンゴール&田辺は外に外に進路を取りながら2番手まで進出していく・・・

残り400m手前で早くも先頭に立ち、田辺が追い出しを開始した!!

グングン伸びる③バンゴールに馬場の悪い内から④ハクサンルドルフが迫ってきた!が・・・

脚色は外バンゴールの方が優勢だ!!

「はい!勝った!!」

「直線で外に持ち出した田辺のファインプレーだ!」「内から差せるわけないだろう!戸崎!!」

④ハクサンルドルフの鞍上戸崎が直線で馬場の悪い内側に進路取ったことで馬券的中を確信!!

残り200mを切っても2頭の差は縮まらず・・・というかむしろ広がって・・・

結局、そのまま③バンゴールが1馬身1/4差で完勝!!!

④ハクサンルドルフはなんとか2着を確保するのが精一杯!

無事、単勝1,050円を仕留める事に成功しました!

馬券生活者というのは些細な馬場状態の変化にも柔軟に対応しなくては、なりません!

今日の馬場状態で④ハクサンルドルフを買っている様では”養分”ですよ!!

”見”したレースで、馬場状態をしっかり確認しておけば、この様に簡単に高配当にありつけるのです!!

ちなみに明日の新潟記念もある程度、前付け出来る馬じゃないと勝負になりませんよ!!